• English
  • 印刷
ISSN 1349-3531 (Print)
ISSN 2187-4042 (Online)

2020年

2020 No.5 通巻483
2020 No.5 通巻483


電子ブック
PDF(4.7MB)
オープンイノベーションの推進
—協創の次なるステージに向けて—
  1. 最先端技術をオープンイノベーションによって社会における新たな価値に: 中沢 淳一
  2. NICTの“中”と“外”をつないで、イノベーションを実現するために戦略的プログラムオフィス
  3. NICT総合テストベッドを用いた社会実証
  4. データ連携による環境品質予測を活用したスマートサービスの構築
  5. AIデータテストベッドの構築と運用
  6. 研究と社会実装活動を両輪として
  7. NICT研究成果のCYDERを通じた社会展開
  8. パスワード設定等に不備のあるIoT機器の調査業務の開始
  9. 先端ICTデバイスラボ   オープンなイノベーションプラットフォーム
  10. 研究成果の最大化に向けた取組
  11. グローバルな連携によるイノベーションと社会展開へのチャレンジ
  12. ICTによる経済・社会の変革に向けて
  1. アフターコロナ社会のかたち
  2. NICTのチャレンジャー File12 環境品質分析における AIとマルチメディア技術: Dao Minh-Son
  3. Awards
  4. オープンハウス 2020 in 仙台
  5. 鹿島 34 m パラボラアンテナ運用終了記念式典・記念講演会のお知らせ
2020 No.4 通巻482
2020 No.4 通巻482


電子ブック
PDF(5.2MB)
待ったなし。セキュリティ人材育成
  1. 悪質化するサイバー攻撃から日本のシステムを守れ: 園田 道夫/佐藤 公信
  2. 持続的な人材供給の実現を目指して: 衛藤 将史
  3. 実践的サイバー防御演習CYDER: 花田 智洋/五十里 治美/内田 陽子
  4. 東京2020大会後も日本のサイバーセキュリティを守るために: 安田 真悟/金濱 信裕
  5. SecHack365とは: 横山 輝明/塩山 英里香
  1. SecHack365トレーナーからのメッセージ: 猪俣 敦夫/柏崎 礼生
  2. NICTのチャレンジャー File11 セキュリティ人材育成を支える統合システム基盤環境の企画開発·運用: 石川 大樹
  3. 2020年 「時の記念日」100周年!
2020 No.3 通巻481
2020 No.3 通巻481


電子ブック
PDF(6.6MB)
テラヘルツによるオープンイノベーションに向けて
-宇宙から通信と幅広い応用範囲に期待-
  1. 電波と光の間の電磁波「テラヘルツ帯」を開拓: 寳迫 巌/小川 博世
  2. テラヘルツ無線テストベッドに向けた基盤技術: 菅野 敦史/諸橋 功/関根 徳彦
  3. テラヘルツ波の計測標準技術: 藤井 勝巳/熊谷 基弘
  4. テラヘルツ帯における高感度分光技術の開発: 入交 芳久/川上 彰
  5. テラヘルツ波を用いた宇宙からの地球惑星リモートセンシング観測: 笠井 康子/山田 崇貴
  1. 国際展開のためのオープン・イノベーション・プラットフォーム構築: 江本 浩
  2. NICTのチャレンジャー File10 シリコンCMOS集積回路で実現するテラヘルツ波無線通信: 原 紳介
  3. 先端ICTデバイスラボ(研究施設等の外部利用制度)のご紹介
  4. 移転可能な技術例
2020 No.2 通巻480
2020 No.2 通巻480


電子ブック
PDF(8.1MB)
世界の言葉の壁をなくす多言語音声翻訳技術
  1. 音声翻訳技術で世界の最先端を行く: 木俵 豊
  2. グローバルコミュニケーション計画の実現に向けた多言語音声認識技術の開発: 河井 恒
  3. グローバルコミュニケーション計画の実現に向けた多言語翻訳技術の開発: 隅田 英一郎
  4. 研究成果を社会実装するためのソフトウェア開発とサービス運用: 葦苅 豊
  5. グローバルコミュニケーション計画の実現に向けた多言語音声翻訳技術の社会展開: 内元 清貴
  1. 光出力500mWを超える極めて高出力な265nm帯深紫外LEDを実現: 井上 振一郎
  2. NICTのチャレンジャー File9 計算言語学・自然言語処理のアジアを中心とした多言語化: 丁 塵辰
  3. パーマネント研究職・総合職 採用2021
  4. Interop Tokyo 2020 出展のお知らせ
  5. NICTER 観測レポート2019の公開
  6. NICTオープンハウス2020 in 小金井 開催のお知らせ
2020 No.1 通巻479
2020 No.1 通巻479


電子ブック
PDF(5.4MB)
社会基盤を支える宇宙天気予報技術
  1. 宇宙嵐からSociety 5.0の社会インフラを守る!: 平 和昌/石井 守
  2. 新たな宇宙利用時代を支える電波伝播利用のために: 津川 卓也
  3. 人工衛星を守るための宇宙天気: 坂口 歌織
  4. 太陽嵐の影響を到来前に予測する: 塩田 大幸
  5. 宇宙天気予報業務: 久保 勇樹
  1. AI宇宙天気予報: 西塚 直人
  2. NICTのチャレンジャー File8 宇宙天気予報システムの構築に向けて: 垰 千尋
  3. nano tech 2020 開催のお知らせ
  4. 第24回「震災対策技術展」横浜 開催のお知らせ