• 印刷

〔課題名〕

 光トランスポートNWにおける用途・性能に適応した通信処理合成技術の研究開発

〔副題〕

 再構成可能100G 超級インタフェース・パケットオプティカルノード構成技術の研究開発

研究開発概要

実施期間 平成28年度~令和元年度(4年間)
研究機関 アラクサラネットワークス株式会社、日本電信電話株式会社、学校法人慶應義塾
研究計画  [研究計画書]   [研究概要図
中長期計画 1-2 (3) フォトニックネットワーク基盤技術(第4期)

研究開発成果

年度 成果概要書 成果概要図
令和元年度    
平成30年度 [Click] [Click]
平成29年度 [Click] [Click]
平成28年度 [Click] [Click]

研究開発評価